くりぷと日記

Bitcoin Goldの誕生、そしてプールマイニングをしようとした件

Bitcoin Gold

2017年11月13日未明、Bitcoin Gold(BTG)がローンチしました。

狙いは「Bitcoin(BTC)マイニングをもう一度分散させる」ことであり、ASICではなく、より一般的なハードであるGPUで採掘しやすいEquihashアルゴリズムを用いているそうです。

(同じくEquihashアルゴリズムを用いているものに、匿名性の高さをウリにしているZcashがありますね。)

もちろんBTCからのフォークのためBTCを所持していれば同量のBTGを所有することになるのですが、今回は昨日のBCHの急騰・BTCの下落もあってBTCをほとんど持ち合わせていませんでした。

しかし、部屋にはNvidiaのGPUを積んだマシンが眠っていたので、せっかくだからプールマイニングしてみようと思い立ったのでした。

プールマイニングしようとしたけど……

マイニングプールを探してみると、BTG MINEが真っ先に出てきました。

指定されたマイニングプログラムをDLし、”Test Net”での採掘ができていることを確認しました。

(Nvidiaの場合、私はNVMLが必要になりました。非常にややこしいのですが、このライブラリはNvidia Deployment Kitに含まれていて、それはさらにCUDA Toolkitの一部としてDLできるらしいです。)

ところが、いわば本番の採掘場となる”Main net”は、16時頃にBTGがローンチしてから2時間近くたっても”coming soon”状態のままで、結局出勤に間に合いそうにありません。

またマイニングできたら書こうかなと思いますが、今日は諦めて、大人しく家を出たいと思います。

まぁ、たかが古いゲーミングノートなので、20回/秒くらいしか問題を解けていないようですが……