くりぷと日記

仮想通貨の取引所3ヶ所を比較!Zaif/Bitfinex/Binance

あけましておめでとうございます、去年はなんともいえぬ戦績だった管理人です!

年の瀬はいくつか新しい取引所を試してみたので、2018年の投稿初め(?)は取引所比較でいきたいと思います。

取引所って?

元祖のBitcoinや最近話題のRippleなどの仮想通貨に投資したい場合、日本円をこれらに換金する必要があります。

仮想通貨を持っている人と直接交換する、(マシンパワーと電力があれば)自分で採掘するという手段もありますが、取引所で口座を開設すると、

取引可能であるというメリットがあります。

いくつかの取引所に口座を開設するのが良いですが、選ぶなら信頼性が高く自分にとってメリットの多いところがいいですね!

以下では、自分が最近口座を開設した取引所を紹介してみます。

Zaif

zaif

Zaifは日本発の取引所で、国内で人気が高いモナコインCOMSAなどの取引も可能という特徴があります。

最近は世界で3番目(2017年末現在)に取引量の多いEthereumにも対応し、管理人は今後にさらに期待しています。

注目は手数料の安さで、0%〜0.1%の通貨ペアが多いです。Bitcoinの取引に至っては手数料がマイナスになっているのが面白いところです!

Bitfinex

Bitfinex

Bitfinexは世界的にメジャーな取引所で、有名どころの通貨ペアの多くは取引が可能です。

筆者はZaifでは今のところ取引できないRippleをこちらで取引しています!

特徴は、固定預金のように比較的長期で安定的に利益を得られる”Funding”、ハイリスクな”Margin”取引ができることでしょう。

個人的には、左下に円グラフで資産の割合(米ドル)を表示してくれるのがGoodだと思います!(この表示、もっと広まらないかなぁ)

海外取引所なので、使い方としては、Zaifなどの国内取引所に日本円を入金→Bitcoinなどにして送金、ということになると思います。

注意点としては、少額の入金には通貨そのものの送金手数料に加え数百円程度の手数料がかかってしまうことでしょうか。

Binance

Binance

こちらは比較的最近できた、中国の方が経営している取引所のようです。

注目すべきは通貨ペアの多さで、中国発のTronや、Vergeなども取引できます。

取引画面にBasicとAdvancedの2種類があるなど、画面も充実しているのですが、複雑でもあるので慣れが必要かもしれません!

Zaifは日本円、Bitfinexは米ドルを中心に取引が行われますが、BinanceではだいたいBitcoinかEthereumを経由すると思います。

こちらも海外なので、国内取引所との併用が良いかと思います。

まとめ

取引所はこれ以外にもたくさんあります!

アカウントの作成は無料で本人確認も必要ないので、まずは使ってみることをおすすめします。

ただ、過去にはFBIに摘発されて閉鎖された取引所なんかもあったので、メインで使うものはよく吟味しましょう!